茶屋池ルート

地図を拡大すると詳細まで表示することができます。

茶屋池・関田峠エリア

img_intro 鍋倉山のブナ林は、集落に近い里山にあります。昔から里の人たちが薪を拾ったり、炭を焼きに入ったりした生活と深く結びついた森です。
ブナの森は、大地にたっぷりと水をためこんだ「緑のダム」です。その水は、一年を通して絶えることなく、里に水をもたらしてくれます。広大な田んぼには、栄養豊かな水を与えてくれます。雪の多いこの地では、どの家にも雪をとかすための池がありますが、その池の水もブナの森から流れ出たものです。
ある時期、日本ではブナの森が伐られ続けました。木材にしたときに腐りやすいブナは、役に立たない木だと思われていたからです。しかし、この里の人たちは、水とブナの森との関係を、昔から経験でよく知っていたのです。
いま、これだけ里に近い山で、こんなに素晴らしいブナの森に出会えることは、とても幸せなことだと思います。あなたも、里山のブナ林に入って、森と水と人との関係に思いをはせてみてはいかがでしょうか。

茶屋池マップ

コースはプリントアウトして、いつでも気軽に「歩く旅」をお楽しみください。

コースマップを閲覧/プリントアウトするにはAdobe Readerが必要です。
多くのPC/Macには既にインストールされていますが、ダウンロード後表示されない場合はAdobe Readerをインストールしてください。

get_adobe_reader

PDF