アクセス 飯山旅々

食べる 地図で見るいいやま観光スポット 食べる

  1. ホーム
  2. 食べる
  3. レストラン・食堂
  4. じょんのび
0269-81-3335じょんのび
0811-06_jonnobi_main.jpg
0811-06_jonnobi_sub1.jpg

1階のテーブル席、お座敷の他、2階は60席も用意できる広さ。


0811-06_jonnobi_sub2.jpg

2010年で廃止になった大津びわ湖競輪場「高松宮杯」決勝戦のユニフォームや「青の4番車」浅井康太選手のヘルメットなど、競輪好きにはたまらない、ご主人の競輪コレクション。


お店に入ると、まずカラフルなユニフォームが目に入る。壁には選手の写真がズラリ。これ、ご主人が大好きな競輪のもの。
自ら粘り強く交渉して競輪場の旗を得たり、TAKAMATSUNOMIYA FINALの9色揃ったユニフォームを譲り受けたり。個人レベルで入手している人はまずいないという代物だ。年に6回しか開催されていない大会で優勝した選手のヘルメットが偶然目の前に飛んできたという超ラッキーもあり、サイン入りで店に飾られている。


お店もお客さまも大切にするご主人は、居酒屋の定番メニューを極力手づくりで提供する、季節のものを上手に使うという二つの課題を自分に課している。

塩は岩塩と天然塩を、醤油も食材や調理法によって使い分け、素材が持つ美味しさを存分に引き出すための工夫を怠らない。自ら山へ入って採ってきた、行者ニンニクやキノコ、山菜などは、手を掛けすぎず、シンプルに出すのが身体には一番良いのだか。3年の歳月をかけて、ようやくたどりついたキムチ鍋のスープは魚介系にもモツ系にも相性の良い自慢の味だ。


夫婦2人で営むアットホームな雰囲気からか、子供連れのお客さまも多い。『じょんのび』は「のんびりしていって」という意味をもつ方言だというから、名は体を表す、だろうか。
競輪好きな人、競輪を知りたい人には特におすすめなお店だが、ご主人のツキにあやかりたい人にもおすすめといえる。

大きな地図で見る

詳細情報
住所〒389-2253 長野県飯山市大字飯山1250
TEL0269-81-3335
FAX0269-81-3335
営業時間17:00~24:00
定休日毎週日曜日(予約時は営業)・年末年始(12/31・1/1)
料金(メニュー)カキ豚キムチ鍋(3人前~):2,500円、刺身盛り(1人前):800円、焼き鳥(1人前):950円 宴会料理(5品+大皿5品程度):2,500円~
クレジットカード利用不可
サービス1F 28席、2F 60席
最寄駅JR飯山駅
最寄駅からの移動手段JR飯山駅より徒歩10分
駐車場8台(無料)、他ぶらり広場の駐車場あり。

食べるTOPに戻る



このページの先頭へ戻る