アクセス 飯山旅々

週末イイヤマ。週末のイイヤマの楽しみ方をご紹介。

飯山のおいしいお米のはなし ~釜焚きごはん食べ放題プラン~

世界一おいしいお米の産地「長野県飯山市」

中央に千曲川(信濃川)が流れ、東西を山に囲まれているここ飯山市。
四季がハッキリとしているのが特徴で、冬は 日本海からの季節風と山々の影響により「豪雪地帯」になります。

その雪の恵みによって得られる水や土壌、また日照時間(日射量)が多く昼夜の寒暖差が大きいという好条件のため大変美味しいお米ができます。

そう、豪雪地帯の飯山市は、知る人ぞ知るお米の名産地なのです!

平成27年度の新米のおいしさを競う世界最大のお米のコンクール『第17回米・食味分析鑑定コンクール・国際大会』では、

★ 飯山市の生産者のお米が、金賞3名、特別優秀賞3名
★ 小学校部門で飯山市立木島小学校5年生が特別優秀賞


を受賞した経歴もあります!

▽クリックでそれぞれ拡大します
rice-1.jpg rice-2.jpg
(引用:飯山市役所HP/https://www.city.iiyama.nagano.jp/soshiki/koyou/41041/noutikudentouyasai/komepanhu

これにより、世界一おいしいお米の生産地「長野県飯山市」が証明されたのではないでしょうか!?
自然の恩恵を受けて育つお米は、香り、つや、味、粘りどれを取っても一流です。

そんな、飯山の自慢のお米を もっとたくさんの方々に味わっていただきたい...!
ということで、「飯山のおいしいお米のはなし」はじまりはじまり~



こだわりのお米のストーリー

kome2.jpg
農家の方々が丹精込めて育てたおいしい「お米」。
そんなお米ができるまでの裏側には、生産者さんたちの「こだわり」がたっぷり詰まっています。

それぞれのお米にある、それぞれのストーリー。
作り手の想いを知れば、より一層おいしく感じるかもしれませんね☻
今回は、道の駅 花の駅・千曲川で購入することができる商品のご紹介に合わせて、生産者の方々の声を聞いてみました!


rice-3.jpg

北信州みゆき米「幻の米」/JAながの

米どころ飯山市の代表的なお米といえば、コシヒカリ最上級米「幻の米」。
ふるさと納税の返礼品としても人気です。

新潟魚沼産コシヒカリと同等の高評価を受ける優良米で、生産量が少ないことから「幻」と命名されました。

『より良い味にするために、生産者の方々に 通知表 を出しているんです』

と、JAながの 営農部の高橋さん。現在 2200ha、1,500軒の農家さんにより生産されており、専用肥料を使用し、自然乾燥に近い方法で、より良い食味になるよう努力をされています。

高橋さん「新米が美味しいのは当たり前。1年を通して美味しいをお米を届けます。」
ほんのりとした甘みと粘り気のある舌触り、炊きたてはもちろん冷めても美味しい(お弁当にもうれしい!)のです。

お問い合わせ先JAながの
所在地〒380-0936 長野県長野市大字中御所岡田131-14
電話026-224-3703
URLhttps://www.ja-nagano.iijan.or.jp/



rice-4.jpg

金崎さんちのお米/金崎 隆さん

会社組織ではなく家族経営で、自らお米をブランド化し、生産・販売までを一貫して行っている「金崎さんちのお米」。約40ha(東京ドーム約8個分!)の面積でお米を栽培している米作り農家さんです。

環境にやさしい特別栽培を心掛け、田んぼへの施肥量を極力減らし、通常よりも1週間早めに収穫を行うことで「甘み、ツヤ、粘り」を最大限に生み出しています。お客様の注文を受けたその日に、保冷貯蔵してある玄米の状態から精米し袋詰めしているので、新鮮なまま届けてくれます。

消費者への直接販売は、食糧管理法が撤廃された翌年の平成8年から開始。
今や当たり前となった「生産者の顔が見える農業」の先駆けともいえる存在です。

『口コミで徐々に広がっていきましたね。顔が見える農業がやりたかったので、お米を郵送するときには必ず 金崎さんちだより なんていうのも付けて。』と、金崎さん。

そんな経営実績が高く評価され、平成13年には「皇室新嘗祭献穀米」に選ばれたことも...!

現在 ふるさと納税の返礼品のほか、充実したラインナップの通販サイトを展開中。
まずは試食してみたい...という方には嬉しい、ワンコインお試し米もあります。

お問い合わせ先金崎さんちのお米
所在地〒380-2411 長野県飯山市大字豊田803
電話0269-65-2639
URLhttps://www.kanazaki-okome.com/



rice-5.jpg

Faith Farm/水野尚哉さん

Faith(=信頼・信念)という名前の通り、「健康」をテーマにした信頼の米作りにこだわる水野さん。
米・食味分析鑑定コンクール国際大会で金賞や特別優秀賞に輝いた経歴を持ち、2019年には 第16回お米日本一コンテストinしずおかにて、実行委員会会長賞(特別最高金賞)を受賞されました。

学生時代、調理学校で栄養学を学んだのち、米・食味分析鑑定コンクール入賞の常連である「戸狩サンファーム」で米作りの基本を習得。実家の田んぼを2枚受け継いだことをきっかけに、独自の米作りをスタートさせました。

『その頃 両親が病気になってしまい、今の自分には何ができるのか...と悩んだときに出会ったのがピロール農法 だったんです。』 と水野さん。

36億年前から生息しているシアノバクテリアを繁殖させ、土の中で酸素を放出する「ピロール農法」を用い、栄養価が高く健康になれるお米を追及。毎日データを取り、試験すること3年!ついに理想のお米が完成し、コンクールで見事金賞に輝きました。

フェイスファームでは、自らの名を取った「七〇八米(なおやまい)」という商品も展開中。
「極」「蛍」「黒」と3種類あり、「米は生薬でありたい」という強い信念を持つ水野さんがこだわり抜いた逸品です。ふるさと納税の返礼品と直接注文でしか購入できないので、お求めの方はHPからお問合せを。

お問い合わせ先Faith Farm
所在地〒389-2411 長野県飯山市豊田5463
電話080-4009-9994
URLhttp://faithfarm.jp/



飯山の美味しいお米を召し上がれ~

DSC_0291.JPG 通販サイトでお米を注文してご自宅で楽しむのもいいですが、、、
ちょいと足を伸ばして、飯山の地で美味しい空気と一緒に美味しいお米を楽しんでみませんか?

日帰りで気軽に体験できるプランがこちら!

\ 季節の野菜と大盛りご飯をいただきます /
★釜炊きのごはんを食べ放題
https://www.tabi-tabi.com/plan/kamadaki_t_2009.php

kome5.jpg 釜と薪を使って、自分たちの手でご飯を炊き上げるこのプラン、農家民宿のお父さん・お母さんたちがサポートしてくれるので安心!美味しいおこげができるようみんなでワイワイ楽しみながら釜炊き体験ができます。

ご飯がうまく炊けたら、地元野菜や旬の食材をつかったおかずでいただきまーす☻
ご飯はもちろん食べ放題で、ボリュームも栄養も満点◎心ゆくまで飯山のお米をご堪能下さい!

★詳細・お申込みはこちらから
※旅行プランサイト「飯山旅々。」にてリクエストを受付中です。

・ご予約の受付期限はご出発日の10日前までとなります。
・ご予約リクエスト後5日以内にご予約可否のご連絡をさせていただきます。


DSC_0304.JPG
地元の野菜や郷土料理といっしょにめしあがれ~ ※画像はイメージです


120913_882.JPG
たわわに実った稲穂たちが美しい風景をみせてくれます


120930_1305.JPG
収穫期には稲刈りしている場面にも遭遇できるかも?


お問い合わせ先信州いいやま観光局 営業企画課
電話0269-62-3133 (平日8:30-17:15)
飯山旅々。URLhttps://www.tabi-tabi.com/


このページの先頭へ戻る