Recruitment information

〜観光のチカラで⼈と地域と⾃然をつなぐ〜 信州いいやま観光局で働こう!

信州いいやま観光局とは

信州いいやま観光局

⼀般社団法⼈信州いいやま観光局は、地域の広域観光事業を推進するDMO組織として、また飯⼭市の観光事業をけん引する中⼼的組織として、飯⼭駅観光交流センターのほか、道の駅「花の駅 千曲川」、なべくら⾼原・森の家、⾼橋まゆみ⼈形館、いいやま湯滝温泉といった観光施設を運営しています。

また旅⾏業の資格を有し、着地型旅⾏商品の販売、旅⾏会社への営業、団体体験旅⾏の誘致、インバウンド事業等も展開しています。職員に移住者が多いことが特徴で、飯⼭市を訪れたことがない⽅が「⾏ってみたい!」と思えるような、そして訪れてくださった⽅が「また⾏きたい!」と思えるような取組みを、市内・県内出⾝の職員と県外からの移住者職員が協⼒して⾏っています。

運営施設・部⾨紹介

その他の部⾨

営業企画課

着地型旅行商品「飯山旅々。」の造成や、地域の観光協会と連携した学習旅行や大型団体への営業活動、受入れを行っています。その他、市内宿泊事業者様のサポートや、レストランかまくら村の受入推進などの役割も担っています。

インバウンド推進室

訪日外国人旅行客の誘客推進をしています。主に旅行商品の造成や、現地手配、プロモーション活動等の外国人旅行客の受入推進を行っています。

観光プロモーション室

主にWeb、SNSを中⼼とした飯⼭市の観光プロモーション活動を担っています。信州いいやま観光局のWEBサイトの管理・コンテンツ作りやSNSでの発信、フリーペーパーの発⾏、解析ツールを使⽤したデジタルマーケティング、他メディアへの情報提供や取材協⼒などをしています。

総務課

信州いいやま観光局が、事業者の皆様と円滑にお取引ができるよう、また職員が働きやすい環境になるよう主に経理業務や労務管理、庶務を担っています。

現在募集中の求⼈はこちら

観光局で働く⼈

信州いいやま観光局には、2023年時点で約90名(パート・アルバイト含む)の職員が在籍しています。⾃然体験のインストラクター、調理技術を活かして働くスタッフ、旅⾏業の資格を有し働くスタッフなど働き⽅は様々です。スキーシーズンを中⼼に海外からの旅⾏客も多く、得意な英語を活かして働くスタッフもいます。今回は、それぞれの部署で活躍する6名のスタッフに観光局で働くことになったきっかけや、仕事のやりがい、休⽇の過ごし⽅などを聞いてみました。

⾼橋 茜 (⻑野県出⾝・2019年⼊社)

働く場所
飯⼭駅観光交流センター
⼊社のきっかけを教えてください
学⽣時代に留学経験があったこともあり、英語を使う仕事に携わりたかったので、外国⼈観光客の⽅も多く訪れる飯⼭駅観光交流センターで働きたいと思い⼊社しました。
現在の仕事内容を教えてください
飯⼭市周辺の9市町村「信越⾃然郷」エリアの観光案内をメインに、その他はツアー造成や、施設管理をしています。
仕事の楽しいところややりがいを感じるところを教えてください
案内所で⾃分が案内した場所にお客様が出向かれて、戻って来られた時に「楽しかった、よかった」と喜んでいただけた時は嬉しいですね。
休⽇の過ごし⽅を教えてください
海外ドラマの鑑賞や、ショッピングに⾏きます。
飯山にいて幸せを感じるのはどんな時ですか
⾃然が豊かで穏やかに過ごせていることに幸せを感じています。

飯⼭駅観光交流センター

JR飯⼭駅1階の「信越⾃然郷 飯⼭駅観光案内所」「信越⾃然郷アクティビティセンター」、中2階の「パノラマテラス」の3施設から構成されています。「信越⾃然郷 飯⼭駅観光案内所」では、飯⼭市を含む周辺9市町村「信越⾃然郷」エリアの広域観光案内をメインに⾏っており、その他、お⼟産品の販売や、観光ガイド「ふるさと案内⼈」の⼿配やツアーやワークショップの企画も⾏っています。「信越⾃然郷アクティビティセンター」では、「信越⾃然郷」エリアのアクティビティの紹介を⾏う。レンタサイクル等のレンタル業務や、アウトドア用品を始めとした物販の取扱もあります。「パノラマテラス」は、喫茶と待合室の機能を有しており、カフェメニューの提供を主に⾏っています。

横⽥ 和⼦ (⻑野県出⾝・2018年⼊社)

働く場所
⾼橋まゆみ⼈形館
⼊社のきっかけを教えてください
以前から高橋まゆみさんの人形がとても好きで、募集を見てご縁を感じて入社しました。
現在の仕事内容を教えてください
Cafeメニューの開発、館内イベントの企画、事務作業など。⾃分のやりたい事や興味のある事にどんどんチャレンジ出来る環境です。
仕事の楽しいところややりがいを感じるところを教えてください
年2回の展⽰替えは⼤変な作業も多いですが、展⽰を⾒たお客様の喜ぶ姿を⾒たときにやりがいを感じます。
休⽇の過ごし⽅を教えてください
趣味のバレーボールの⼤会に参加したり、近隣の⼭にトレッキングに出かけたりしています。年齢を重ねてもアクティブな⽅が多いので刺激を受けています。
飯山にいて幸せを感じるのはどんな時ですか
⼈があったかいです。⽬まぐるしく変わる現代社会の中で、深呼吸して飯⼭の景⾊を眺めると⾒失いかけていた⾃分の軸を取り戻すことができる。いい意味で日本のふるさとだと思っています。

⾼橋まゆみ⼈形館

⼈形作家 ⾼橋まゆみ(飯⼭市在住)の創作⼈形の常設展⽰施設。誰もがなつかしいと感じる⽇本のふるさといいやまを題材にし、ふるさとの原⾵景と⼈形の世界が同時に楽しめます。年に2回展⽰替えがあり、展⽰内容の企画や展⽰替え作業、展⽰の案内、⼊館受付業務を⾏っています。施設内には、ショップと「café花あかり」を併設。ショップでは、オリジナルグッズを販売しており、オンラインストアも展開。「café花あかり」では、季節のスイーツや軽⾷を提供しています。

⼩林 留美 (新潟県出⾝・2016年⼊社)

働く場所
道の駅「花の駅 千曲川」
⼊社のきっかけを教えてください
元々接客が好きで、接客がしたかったんです。たくさんのお客様とお会いしたかったので、ぴったりの仕事だと思いました。
現在の仕事内容を教えてください
Café⾥わでの接客やカフェメニューの開発、資材の発注。その他は、シフト調整や施設が衛⽣的で清潔である状態を保つためのクレンリネス、また新しく⼊ってきた⽅のトレーニングも担っています。
仕事の楽しいところややりがいを感じるところを教えてください
1つは、飯⼭のことを知ることができるところですね。チームワークでたくさんのお客様に対応できた時の喜びなどもやりがいに繋がっています。その他にも、料理(メニュー)に感動してもらえることや、お客様の喜ぶ顔を⾒ることができることなどとにかく多くのやりがいを感じています。
休⽇の過ごし⽅を教えてください
休⽇は、主⼈とドライブに⾏きます。美味しいものやその⼟地の⾃慢(おすすめ、推し)を⾒る、知る、発⾒することが楽しい!
飯山にいて幸せを感じるのはどんな時ですか
まずは⼤⾃然に感動しています。千曲川の雄⼤さ、冬のキラキラの銀世界。他は、お⽶、野菜とおいしい農作物がいっぱいあること。また、⽔がおいしい! そして⼈も優しいんです。

道の駅「花の駅 千曲川」

国道117号線沿いに建つ道の駅。「農産物直売所・特産品コーナー」、カフェレストラン「Café⾥わ」を併設。2022年10⽉にこの2施設の規模を拡⼤し、リニューアルオープンしました。2023年11⽉には、更にアクティビティ拠点施設を増設しグランドオープン。新たに「モンベル直営店」と「ビジターセンター」が登場します。信州いいやま観光局では、お⼟産品の仕⼊れ、在庫管理や販売、Café⾥わのメニュー開発や調理、接客を担っています。施設全体の植栽管理や、オンラインショップ「飯⼭謹製堂」も運営。グランドオープン後は、アクティビティ拠点施設の「ビジターセンター」にて、周辺アクティビティの紹介やレンタサイクル事業も展開予定。

久⽶ 匠 (福岡県出⾝・2023年⼊社)

働く場所
いいやま湯滝温泉
⼊社のきっかけを教えてください
移住するに伴い、職探しをしていました。その中で、⾃分の地元では味わうことが出来なかった⽥舎特有の⼈と⼈との距離感の近さを感じつつ、経験のある飲⾷部⾨であり、また他県出⾝でも地元⺠には無い観点で携われる観光業である今の職場を紹介して頂きました。
現在の仕事内容を教えてください
⾷堂メニューの仕込み、調理、盛り付け等含む調理⼯程全般がメインで、他には簡易的な接客もしています。
仕事の楽しいところややりがいを感じるところを教えてください
⾃分の調理した料理を⾷べていただくまで不安も⼤きくありますが、⾷べていただいた瞬間、その時の反応、⾷器返却時にたまに感想を直接いただけた時などは、とても⼤きい感動を味わえます。
休⽇の過ごし⽅を教えてください
九州出⾝で雪のほとんど積もらない所から移住してきたので、初めての雪国の冬を迎えるための準備をしたり、元々の⽬的であった雪国の冬はどういうものかわくわく考えたりしています。今のところ主⽴った観光巡りはさほど出来ていないのですが、これからどんどんしてみたいと思っています。
飯山にいて幸せを感じるのはどんな時ですか
緑が濃く通勤時など⾞を⾛らせている時の景⾊は最⾼です!地元との⾷材の違いなど新しい発⾒も⾯⽩い。時間や環境にもっと余裕が持てるようになれば今まで経験できなかった⾃然をもっと⾝に感じれるように⾊々⾜を伸ばしていきたいと思っています。

いいやま湯滝温泉

千曲川のほとりにある⽇帰り温泉施設。
男⼥内湯と露天⾵呂があり、ショップと⾷堂も併設。
⼊館受付や、清掃業務、ショップでは物販の販売を⾏っています。また、⾷堂では地域の素材を使⽤した⾷事メニューを提供しており、宴会利⽤もあります。

⼩林 知規 (群⾺県出⾝・2016年⼊社)

働く場所
なべくら⾼原・森の家(⽀配⼈)
⼊社のきっかけを教えてください
前職に⼭のガイド業に携わっており、ゲストを⾃然に誘う仕事(サービス)に⾃信を持っていたので、引き続きこの仕事を継続したいと思っていたからです。
現在の仕事内容を教えてください
なべくら⾼原・森の家で⽀配⼈をしています。⽀配⼈の業務としては、スタッフマネージメントや宿泊・体験・喫茶売店各事業の進⾏の管理をしています。1スタッフとしては、お客様の現場対応(接客・喫茶など) や、体験のインストラクター業務などを担っています。
仕事の楽しいところややりがいを感じるところを教えてください
スタッフと⼀緒に事業に取り組み、⽬標を持って邁進していると実感できることですね。
休⽇の過ごし⽅を教えてください
四季によるアウトドア(釣り・サイクリング・SUP・登⼭)を嗜みながら、⽥んぼ管理と庭のハーブいじりをしています。
飯山にいて幸せを感じるのはどんな時ですか
⾃⾝の⽣きがいであるアウトドアアクティビティのフィールドが⾝近にあること、そして⽇々の暮らしの中で四季の変化を感じられることに幸せを感じています。

なべくら⾼原・森の家

飯⼭市北部のなべくら⾼原にある⾃然体験型宿泊施設。どんぐり型のコテージが⽴ち並び、周りにはブナの森が広がります。敷地内には、ブナの森を散策できるユニバーサル遊歩道「ぶなの⾥⼭こみち」が整備されており、散策が可能。
また、カヌーやスノーシューなど周辺の豊かな⾃然と触れ合うことのできるアクティビティやクラフトの体験も⾏っています。2022年には、敷地内にテントサイトもオープン。ユニバーサル・ツーリズムを推進している施設でもあり、障がいのある⽅が⼤⾃然を楽しむお⼿伝いもしています。スタッフは、コテージ清掃や敷地内の整備、宿泊管理や体験の企画、ガイドなど多⽅⾯で活躍。

作本 実乃⾥ (⼭⼝県出⾝・2022年⼊社)

働く場所
営業企画課 兼 インバウンド推進室
⼊社のきっかけを教えてください
⾃然豊かな場所で観光による地域振興に携わりたいと思っていた時に、求⼈情報サイトで信州いいやま観光局の求⼈募集を⾒つけました。
現在の仕事内容を教えてください
インバウンド向けの観光プランの造成や、団体旅⾏の現地⼿配・受⼊れをしています。
仕事の楽しいところややりがいを感じるところを教えてください
地域の⽅、旅⾏者の⽅に喜んでもらえるところです。
休⽇の過ごし⽅を教えてください
ハイキング、ドライブ、ケーキ屋巡り!
飯山にいて幸せを感じるのはどんな時ですか
景⾊が広くてきれい!空や⾵景が地元の⼭⼝県より⼤きいんです。

営業企画課/インバウンド推進室

営業企画課では、着地型旅⾏商品「飯⼭旅々。」の造成や、地域の観光協会と連携した学習旅⾏や⼤型団体への営業活動、受⼊れを⾏っています。その他、市内宿泊事業者様のサポートや、レストランかまくら村の受⼊推進などの役割も担っています。
インバウンド推進室では、訪⽇外国⼈旅⾏客の誘客推進をしています。主に旅⾏商品の造成や、現地⼿配、プロモーション活動等の外国⼈旅⾏客の受⼊推進を⾏っています。

募集中の求⼈

飯山駅観光交流センター

■職 位: 臨時職員

■仕事内容: 【信越自然郷アクティビティセンター】または
【飯山駅観光案内所】
〇旅行客への観光案内、電話対応
〇レンタサイクル対応
〇お土産、アウトドア商品の販売など

詳細はこちら

道の駅「花の駅 千曲川」

■職 位: 臨時職員

■仕事内容: 【Café里わ 厨房】
〇レストランメニュー調理全般
〇仕込み、盛付け、片付け全般


詳細はこちら

道の駅「花の駅 千曲川」

■職 位: パート職員

■仕事内容: 【Café里わ ホール】
〇ホール接客
〇レジ対応
〇館内外の清掃など

詳細はこちら

高橋まゆみ人形館

■職 位: パート職員

■仕事内容: 〇創作人形の展示、整理、保管
〇受付やショップでの接客
〇カフェでの接客やスイーツ提供 など

詳細はこちら

飯⼭市では、移住希望者がスムーズに移住できるように
様々な⽀援を⾏っています。

詳しくは「いいやま住んでみませんか
ホームページをご覧ください。

TOP