各種体験

【正受庵・大聖寺・常福寺】座禅体験

松代藩主真田信之(幸村の兄)の子、道鏡慧端またの名を正受老人が終生を過ごした庵、「正受庵」や、飯山藩主の堀直寄、佐久間安政、両氏の菩提寺である「大聖寺」、参禅道場を併設し、普段は朝のお勤めの時間で坐禅を行っている「常福寺」での座禅体験を体験していただきやすいお昼間に開催致します。 ...

詳細を見る

更新日

【明昌寺】俳句体験

実施日:7月1日、8月19日、9月2日 初夏には六地蔵の祀られた参道をあじさいが彩り、市内に設置された投句箱に投句された俳句で、その年に大賞をとった俳句が句碑として参道に並んでいます。 (10月9日を、10=とう、9=く=投句の日として定め、飯山市内の「投句箱」に投句された1年間の俳句の中から、毎年...

詳細を見る

更新日

【忠恩寺】お数珠回しと法話体験

実施日:9月21日 歴代飯山城主の菩提所でお数珠回しと法話体験を行えます。 寺内には城主松平家ならびに本多家の墓所があり、御本尊である「黒本尊」は本多廣孝が徳川家康公から拝領したものとされています。「黒本尊」は護国殿に安置されている秘仏で、毎年8月15日のみ公開されています。 ...

詳細を見る

更新日

【善覚寺・大聖寺】写経・写仏体験

飯山市は文豪・島崎藤村が「雪国の小京都」とよんだほど、寺の多い町。 ゆったりとした空気に包まれながら、写経や写仏体験で心おだやかなひとときを。 善覚寺 実 ...

詳細を見る

更新日

【忠恩寺】お経と法話体験

実施日:7月1日 、8月1日、9月1日 歴代飯山城主の菩提所でお経と法話体験が行えます。 寺内には城主松平家ならびに本多家の墓所があり、御本尊である「黒本尊」は本多廣孝が徳川家康公から拝領したものとされています。「黒本尊」は護国殿に安置されている秘仏で、毎年8月15日のみ公開されています。 ...

詳細を見る

更新日